歯科の専門分野は多数ある

歯科~幅広い診療科目について 歯医者と聞くとだいたいの人は虫歯の治療をする所だと思うはずです。確かに歯科治療のほとんどは虫歯です。しかし虫歯だけではなく歯周病もあります。実は歯周病も虫歯と同じくらい治療の割合が多いです。そのためこの二つは二大疾患と呼ばれています。このように病気の部位が歯なのか歯茎なのかで専門が違ってきます。つまり歯科は単独ではなく、さまざまな分野をひとくくりにして歯科と呼びます。それはちょうど医科の中に内科、外科、消化器科など多数の専門分野があることと同じです。歯医者さんの看板やインターネットを見ると小児矯正科、口腔外科、インプラント科、保存科、歯周科などさまざまな専門分野があります。

このようにさまざまな分野があるため、治療を受けるときにはその歯医者さんが自分の病気を治せる所なのかを予めチェックすることも大切です。例えば親知らずが痛いとなったら、抜歯の可能性もあるため口腔外科が備わっている歯医者さんに行くなどです。看板だけでは得られない情報がインターネットの紹介欄で書かれているはずなので、そういったものも活用するとよいです。以上のようにさまざまな分野があるため、歯医者さんはその専門家がいることも覚えておくと有利だと思います。

Copyright (C)2022歯科~幅広い診療科目について.All rights reserved.